まずはラティスとフェンスとはなにか基本から説明します

ラティスとフェンスとは別物ではなく、幾つかあるフェンスのデザインの一つが、斜め格子が特徴的なラティスとなっています。他に、住宅の目隠しに使われていることが多いルーバー、縦ルーバーとも呼ばれる縦格子タイプ、和風庭園にも合う竹垣タイプ、細い金属の仕切りになっているメッシュタイプ、半透明のポリカーボネートパネルで採光しながら目隠しもできるパネルタイプなどがあります。住宅の周囲を囲って、外からの視線を完全に遮りたい場合、斜め格子で隙間が大きめのラティスは、やや不向きな面があります。そのぶん、斜め格子が持つ洋風なおしゃれ感によって、主にガーデニング用途として重宝されています。目隠しというよりは庭の目立つところに設置して、壁掛けフラワーポットやプランターを飾るなどして、美観を高めるアイテムとなっています。

デザインの特性を生かしたアレンジ

斜め格子の部分に壁掛けフラワーポットのフックを掛けやすいことから、幾つも飾っているケースも見かけますが、天然木製の場合、薄く細い板の斜め格子では強度面でやや不安があり、植物に頻繁に水やりをすることで本体も濡れて、それが原因で腐食が早まってしまうことがあります。その場合は天然木にこだわらず、樹脂製を使うほうが安心です。最近は天然木の雰囲気に近い木粉入り樹脂で作られた製品が人気で、腐食しにくく、長く使うことができます。安価でアレンジしやすく、見た目の雰囲気は天然木に近い木粉入り樹脂製は、ガーデニング用途の製品に最適で、プランターボックスが下方に設置されているタイプや、上部にスチールなどの曲線の飾りをあしらって、ユーロピアンな雰囲気を高めているラティスも登場しています。

用途に応じて選びたい最適な素材

ガーデニング用途としては天然木や、その雰囲気に近い樹脂製が選ばれるケースが多くなっていますが、目隠し用途としてはアルミ製フェンスが多く選ばれています。住宅を囲むためにはそれなりの距離が必要ということで、本体価格が比較的リーズナブルで、ある程度の高さがあることから軽量であることが望ましく、そのニーズを満たすのがアルミ製となっています。外を歩く人の目の高さより上まで設置される目隠しフェンスは、隙間の無いデザインでは圧迫感があることから、羽板の角度で視線を遮りながら、適度な風通しと採光ができるルーバータイプが好まれています。最近のアルミ製品は、木目調デザインの質が向上し、金属でありながら天然木の雰囲気に近い製品に仕上がっているものもあります。さまざまな種類で、安価で見た目も良い製品が増えていることから、用途の幅がさらに広がっています。

自然な風合いの木目調でカラーは6色、表面加工を施した製品も新発売です。 フェンスを中心に雑貨や肥料などを品揃えしております。主力の商品は樹脂製のフェンスです。 受注後の組立なので特注など細やかな対応が可能です。 ガーデニング好きな方にもぴったりです。 一番人気のボックス付フェンスは、設置がラクラクです。 ホースリールや多肉植物の寄せ植えも人気商品です。 未経験からseの転職を目指すならこちらをチェック!

2017年8月28日