ラティスとフェンスを魅力的に活用するためのポイント

ラティスもフェンスの一種ですが、斜め格子がどことなくユーロピアンな雰囲気を漂わせていることから、ガーデン用として利用するケースが一般的となっています。目隠し用途にしては、斜め格子の隙間が大きめということで、やや不向きといった面があります。庭先に設置して、あえてデザインを生かしながら目隠し目的にも利用したい場合、ツタ系の植物を這わせたり、人の目の高さに壁掛けフラワーポットをあしらうなど工夫します。ガーデンの雰囲気は、斜め格子の隙間から適度に見えるようにして、住宅の窓などの前にはしっかりと目隠しフェンスを設置したい場合、ガーデン用と色合いを統一したルーバータイプを設置すると、調和が感じられる印象になります。天然木の魅力を生かした上品な雰囲気にしたい場合は、やや高額となりますが、ウリンなどのハードウッド素材が向いています。

ガーデニング用途には耐久性も必要

木材ならではの温かみのある明るい色合いが、斜め格子のデザインに似合うラティスタイプは、庭木や花との相性が抜群で、フラワーポットを掛けたり、真下にプランターを置くなどして、花やグリーンで飾られることが多くなっています。植物には水やりが欠かせないことから、ラティスにも水がかかることになりますが、天然木製の場合、腐食の心配が出てきます。一度設置した以上、それなりの期間はそのまま使い続けたいものですが、いったん腐食し始めてしまうと劣化が早まり、環境によってはシロアリ発生の不安もあります。それを防ぐためにも、水がかかりやすい場所には天然木製でなく、耐久性のある樹脂製の製品を設置するほうが安心です。木粉入り樹脂であれば、天然に近い雰囲気で、劣化に強く安心して使い続けられます。

素材の特性を生かして適所に設置

ガーデニングフェンスとして庭の美観を高めるために設置するフェンスには、贅沢なハードウッド素材の製品を選び、目立つところに設置します。特にウリンは、高価な天然木ではありますが、経年劣化に強くシロアリ被害が出にくいことから、いったん設置したら長く使いたい目隠し用途のルーバーには最適と言えます。人の目の高さで目立つこともあって、住宅全体の品格アップにも貢献します。ルーバー同様ウリン製のラティスも上品な雰囲気ですが、植物で覆ったり、フラワーポットを掛けたい場合は樹脂製のほうが安心して使える面があります。ガーデン用としてプランターボックスが付いていたり、スチール製の曲線で飾られているなど、人工素材を上手く生かした製品も数多く登場しており、魅力的なアレンジの幅が、さらに広がっています。

2017年8月28日