色々な種類があるラティスとフェンス

ガーデニングフェンスとして重宝されているラティスや、目隠しに最適なルーバーなど、フェンスには、用途に応じた幾つかの種類があります。羽板が横長に渡されているルーバーに対して、縦ルーバーと呼ばれることもある格子タイプ、細い金属製のメッシュタイプ、和風住宅に似合う竹垣タイプがあります。不透明なポリカーボネートパネルが用いられた、採光ルーバーとも呼ばれるパネルタイプも人気です。ラティスもフェンスのデザインの一種となりますが、温かみのある明るい色の木材で作られた斜め格子が洋風庭園の雰囲気に似合うことから、ガーデン用に特化したタイプとして、他のデザインとは一線を画している印象があります。本体下部にプランターボックスが付いた製品など、アレンジのしやすさでも好まれています。

用途に応じて導入したい適切な材質

斜め格子が持つ洋風でおしゃれな雰囲気を生かして、ガーデニングシーンで大活躍しているラティスは、その斜め格子に壁掛けフックの付いたフラワーポットを2つ3つ掛けて、華やかさをアップしています。天然木の温かみを生かした材質であってこそ、庭園の雰囲気に似合いますが、薄く細めの板による斜め格子は、強度がやや弱めな上、頻繁な水やりで腐食する心配があります。腐食などによる劣化の早まりが不安な場合、純粋な天然木製にこだわらず、天然木に近い雰囲気を持った樹脂製を導入するほうが、長く安心して使える面があります。最近では、天然木の粉末を混ぜて製造することで、かなり近寄って見ないと樹脂製と判らないほどの製品もあり、一昔前の安っぽさが解消されています。そういった木粉入り樹脂は目隠しフェンスの材質としても重宝され、さまざまなデザインで製品化されています。

材質ごとのメリットを生かした適材適所

細めの斜め格子であっても、適度な強度を持ち腐食しにくい樹脂製ですが、目立つポイントには、やはり天然木の製品を置きたい場合、ハードウッドと呼ばれるやや高価格帯の天然木製品を導入するという手もあります。中でもウリンという木材は、ラティス向きの明るめの色合いで、腐食に強く頑丈なことから、デザインを問わず人気が高い材質です。そのぶん、高価となりますが、目立つところに置く一点には良い材質です。天然木製は、ガーデン用途の場合、シロアリ被害の心配もあります。ウリンのような高級材であればシロアリや腐食のリスクが軽減しますが、安価な天然木製は、導入後、定期的にチェックするなど、マメなメンテナンスや注意が必要となります。その点からも、設置後は下部が草花の陰になってしまうような場所に置く場合、樹脂製のほうが安心と言えます。

2017年8月28日